INTERVIEW
SYSTEM ENGINEER

丸山 秀一

Shuichi Maruyama

クラウドソリューションPF部
2006年新卒入社

泣けるほど
本気になれる

誰かをより良い方向へ

誰にでも、自らの人生を決定づける運命的な瞬間がある。身を焦がすようなあこがれに支配される。丸山にその瞬間が訪れたのは高校生のころ。進学塾で講師を務めていた大学生との出会いだった。

「その人はコンサルタント志望で、とにかく熱く自分の未来や仕事の魅力を語っていました。人と対話しながら、組織やビジネスをよりよく導いていく。話を聞いているうちに、私自身がそうした仕事にあこがれるようになったんです」

テクノロジーを駆使して、顧客をよりよい方向へ導く。彼がITの世界を志すようになったのは、必然だったのかもしれない。日本能率協会グループの一員として確かな歴史を持ち、顧客と直接向き合えるJMASの環境は、とくに魅力的なものだった。

「企業の安定性や、やりたいことを実現できる環境があったことはもちろん、強く惹かれたのは風通しの良さでした。年次も、役職も関係なく、フラットに意見を交わすことができること。そこにいるだけで、心地よさを感じたこと。当時は直感でしかありませんでしたが、その判断は間違いではありませんでした」

喜びを分かち合う、最高の瞬間

入社後は、名だたる金融機関のプロジェクトを担当し、基幹系システムや業務システムの開発・導入を成功させてきた。丸山がとくに印象深いと語るのは、とある大手都市銀行の勘定系システムの導入プロジェクトだ。開発期間は3年以上、総勢80名の大規模案件でプロジェクトリーダーを任されたのだという。

「これほどのプロジェクトで責任ある役割を任されることを意気に感じていました。けれど、プロジェクトは困難の連続。何度も、何度も、挫けそうになりましたし、上司やメンバーとぶつかり合うこともしばしばでした。『苦労した』のひとことでは、片付けられないくらいでしたね」

顧客によりよい価値を提供する。ビジネスをよりよくする。目的は同じ。けれど、そこに至る考えは多様だ。個性豊かなメンバーが集まっているからこそ、卓越した技術を持っているからこそ、ここでは前向きな衝突が起こる。それは、風通しのよさの証明だと言える。

「こうした困難を乗り越えたからこそ、システムがリリースされたときの喜びは格別です。ときにぶつかり合い、ときに助け合ってきたメンバーと喜びを分かち合う瞬間は何にも代えがたいもの。終わったときには、自然と涙が出てきました。本気で泣ける仕事って、なかなか出会えるものではありません。困難なほど仕事は楽しい。だから、スムーズに終わったプロジェクトのことは、あまり覚えていないんです(笑)」

 

入社15年目。新たなる挑戦の日々へ

現在は、クラウドソリューションプラットホーム部へ活躍の場を移し、AWS構築案件のプロジェクトマネージャーや案件獲得のためのプリセールスを担当している。入社15年目にして迎える、新たな挑戦の日々はとても刺激的なものだと彼は話す。

「技術領域が全く異なる中で、お客様から案件を獲得する。その難しさや、プロジェクトが進むスピードに戸惑いながらも、新たな知見を得られる日々に新鮮なやりがいを感じています。同じ会社にいるのに、まるで転職したような気分。こうしたキャリアはJMASでは稀ですが、身の丈を越えるチャレンジはいつになっても楽しいものです。そういう欲を持った人が、この会社には合っていると思います」

顧客が抱える数々の課題を解決し、ビジネスによりよい価値を提供してきた丸山。「あこがれ」の自分を実現することはできたのだろうか。

「入社前に抱いていた『あこがれ』はかなり漠然としていましたが、今はそれがはっきりとしています。お客様に貢献できる知見とそれをかたちにする技術を持ち、『あいつに任せれば安心だ』と思ってもらえる存在になること。その境地にはまだまだ辿り着けていません。理想とする自分になるために、さらなる高みを目指していきたいですね」

PROFILE

管理工学科卒。高校時代からコンサルティングの仕事にあこがれ、ITの世界を志す。金融システムの開発を主に担当し、数々のビッグプロジェクトを成功へと導いた。現在は、活躍の舞台を基盤構築に移し、マネージャーとして、技術者として、新たな知見・技術を追求し続けている。趣味はゴルフ。「上司や役員が相手でもガチで競えるフラットな風土がJMASの魅力」と語る。