INTERVIEW
SYSTEM ENGINEER

小笠原 貴洋

Takahiro Ogasawara

事業企画部
2017年中途入社

自社製品開発は
「圧倒的な自由」
がある

探求心と向上心を満たせる場所へ

「パソコンってプラモデルみたいに簡単につくれるらしいよ」。そう聞いて、興味本位でパソコンを自作した。それが、小笠原の原点にある体験だ。コンピュータが動く仕組みに好奇心をかき立てられ、情報系の学部を選んだ。そこで経験したプログラミングは「動いたときの喜び」を教えてくれた。彼がIT業界に進んだのは、必然だと言えるだろう。最初に就職したのは、大手保険会社グループのSIer。保険の新規加入を管理する大規模な開発プロジェクトに参画し、2年目にはリーダーも任された。

小笠原は、大学院時代に研究した「位置情報システム」に関係する企業への転職を考えた。さまざまな知識を身につけたい。最先端の技術を活用したい。自らのあくなき探求心と向上心を満たせる場所。それが、JMASだった。

「導入実績が豊富なプロダクトを持っていることはもちろん、未経験ながらもチャレンジできる機会をいただけたことが決め手でした。他の会社では、前職の経験から『汎用系システム開発のマネージャーはどう?』と話をすり替えるところも少なくありませんでした。それでは転職しようとした意図に外れてしまいますよね」

LOGIOが目指すのは「人間図鑑」

現在、小笠原は自社プロダクトであるLOGIO(ロジオ)のプロジェクトリーダーを務めている。このプロダクトは、NTTドコモの携帯電話ネットワークから作成される位置情報ビッグデータを地図上の情報などと絡めて分析し、データの提供と可視化を実現するWEBサービスだ。

「LOGIOは単なる位置情報ツールではありません。プロダクトに込められた思想は、『人間図鑑』をつくることです。ファッションに関心のある人、音楽が好きな人、アニメ・ゲームが好きな人……。多様な嗜好を持つ人がどんな場所に集まり、どのような行動傾向があるのか。それらを独自のロジックで分析・把握し、マップやグラフで表す。そして、マーケティングや防災など多様な分野に貢献していくわけです」

開発の方向性を定め、プロダクトの価値を最大化するプロダクトオーナーやプロジェクトマネージャーと連携を密にしながら、開発を推進していく。それが、プロジェクトリーダーの仕事だ。小笠原を待っていたのは、前職時代にはなかった「圧倒的な自由」だった。

「プロダクトの思想を体現するにはどうするべきか。どのテクノロジーを採用するか。ビジネスとしての採算性を考慮し、どこまでやるのか。あらゆることを考え、決断していく仕事には大きな責任が伴います。そこが、この仕事の困難な点であり、醍醐味でもあるんです。この点は自社開発のプロダクトならではの魅力。オーナーシップを持ち、プロダクトという『樹』を育んでいく仕事は、かつてないストレッチを与えてくれています」

人を育むことは、未来をつくることだ

技術だけでなく、ビジネスの成長までをも視野に入れる。かつてない自由と挑戦は、かつてない成長をもたらした。さらに、彼が魅力に感じているのがJMASの企業風土だ。フラットな人間関係とコミュニケーションが活発な風通しの良さ。そうした環境だからこそ、一人ひとりが最大限のパフォーマンスを発揮できているのだという。

「上下関係を気にしたり、若手・中途だからと発言を躊躇したり。JMASなら、ありがちな悩みに苦しむことはないと思います。多様なバックグラウンドを持つプロフェッショナルたちが集い、自由闊達に意見を交わす。刺激と発見に満ちた日々を過ごすことができますよ」

JMASでのキャリアを通じて、小笠原には新たな目標ができた。プロダクトだけではなく、このチームを育んでいける存在になること。そして、自らがプロダクトオーナーとなり新たな価値を創り出すことだ。

「メンバーの悩みに応え、自立を促せるリーダーであることを心がけています。私がいなくなっても回るチームをつくらなければ、プロダクトの未来も立ち行きません。人を育むことで、強い組織が実現し、プロダクトの持続的な発展につながっていく。そんな想いで日々のマネジメントに向き合っています。私自身、まだまだ学ぶべきことだらけですが、それらを貪欲に吸収し、いつかは自らの手で、新たなプロダクトを生み出してみたいと思っているんです」

PROFILE

バイオ・情報メディア研究科コンピューターサイエンス専攻。大学院卒業後、大手保険会社グループのSIerに新卒入社。技術の向上とさらなる成長を求めて転職を決意した。大学院時代の研究テーマに関連した屋内位置情報システムを扱う企業を回り、JMASへ。自社プロダクトであるLOGIOのプロジェクトリーダーとして、プロジェクトを牽引している。