INTERVIEW
SYSTEM ENGINEER

伊藤 建介

Kensuke Ito

関西事業部
2017年新卒入社

チームの力で
最大限の価値を

JMASのエンジニアは〇〇レベル

さまざまな現象を論理的に解明する物理学を専攻していた伊藤が、ITという「無形のものづくり」に惹かれたのは、大学時代のこと。友人が作成したiOSアプリを見せてもらったことがきっかけだった。

「最初は『楽しそうだな』くらいの気持ちでしたが、その面白さに夢中になりました。論理的につくらないと動かないし、同じ動きをするプログラムでも工夫次第でいくらでもいいものができる。そこが、性に合っているな、と。そして、何より大きかったのが、思い通りに動いた時の達成感の大きさ。将来を決めるほどのインパクトがありました」

多様な事業を展開し、自由度の高い開発ができること。なじみ深い関西で働けること……。さまざまな理由でJMASを選んだ伊藤だが、中でも魅力だったのは、フラットな風土だったという。上下関係によるしがらみや遠慮などはなく、パフォーマンスの最適化が図られていると感じたそうだ。

「私が入社したころの関西事業部は、年次が近い社員が少なくベテランばかり。ですが、居心地の悪さを感じたことは一度もありませんでした。わからないことは何でも相談できるし、自らの主張を遠慮なくぶつけることもできました。そして、何より驚かされたのは、JMASのエンジニアの圧倒的なレベルの高さです。自らの仕事に対してレビューをしてもらう時などは、その視野の広さや知識の深さにため息が出てしまうほど。正直、『変態的なレベル』ですね(笑)」

動けばいい、というものではない

一人で、黙々とプログラムに向き合い続ける。実際に仕事を始めてしばらくは、システム開発にそんなイメージを持っていた伊藤。その認識が大きく変わったのは、インフラ施設の維持・管理をされているクリアウォーターOSAKA様の業務用アプリケーション開発を任されたことがきっかけだったという。

「関西事業部で誰も使ったことのないフレームワークを使う。お客様の要望を実現できるかどうかを実験する。初めて尽くしのプロジェクトで主担当を務めることになりました。知らない技術を扱っているため、何事も判断がつかない。暗闇を手探りで進んでいるような感覚で、自ら調べ、学び、試行錯誤を繰り返していました」

かつてないチャレンジングなプロジェクト。その完遂に向けて、伊藤が心がけていたのは「一人で考えすぎない」ことだった。その背景には、クオリティーへの強固なコミットメントと仕事への誇りがあった。

「一人でできることなんて、たかが知れています。ましてや、JMASには歴戦の猛者がたくさんいますからね。たとえ、その技術について理解がなかったとしても、意見を求めることで新たな視野と気づきを得られることは間違いないわけです。システムを開発することが目的ではないし、そのクオリティーも動けばいいというレベルのものではない。いかに、よりよい価値を創り出せるか。プロの仕事をするためには、チームの力を結集することが必要不可欠なんです」

「戦力レベル」では、満足できない

若手のチャレンジを後押しする風土を持つJMAS。とりわけ関西事業部は、その傾向が強いことで知られている。伊藤自身、早期からプロジェクトリーダーを任されるほか、プリ・セールスや提案活動といった顧客への営業活動にも活躍のフィールドを広げている。

「現在は、金融機関の融資システム開発プロジェクトでリーダーを務めています。触れるのは未知の技術ばかり。刺激と発見に満ちた仕事ができています。大きな仕事を任せてもらえることは、成長の証ですから、やりがいも大きいですね。入社時に望んでいた以上に、さまざまな開発に携わることができていると思います。まあ、その分、やるべきことも多くなりますから、苦労もありますが(笑)」

伊藤がリーダーを務めるプロジェクトには、凄腕の先輩エンジニアたちがメンバーとして参画している。彼らは、持てる技術と経験を最大限に発揮し、伊藤を支え、その成長を後押ししてくれるのだという。

「先輩たちからの支援があり、多くのチャレンジを経験させていただいたおかげで、多くを学び、視野を広げ、成長することができたと思っています。ただし、『変態的なレベル』には、まだまだ遠い。今はようやく『戦力』になれたというところです。目指すのは、あらゆる場所で活躍できる技術を身につけた存在になること。一人ひとりのお客様に真摯に向き合い、『業務が楽になった』『よくできている』という評価を積み重ねていくことで、先輩方の背中を追い続けたいと思っています」

PROFILE

理工学部物理科学科卒業。入社以降、業務用アプリケーションを中心に、さまざまなシステムの開発に携わってきた。プロジェクトリーダー、顧客へのプリ・セールス、提案など幅広く活躍する関西事業部のホープ。「変態的なレベル」だと話す先輩エンジニアの背中を追いながら、顧客に確かな価値を創造・提供し続けている。