INTERVIEW
SYSTEM ENGINEER

石川 理美

Satomi Ishikawa

クラウドソリューションAP部
2010年新卒入社

人の成長を
何よりも大切に

モノづくりからできれば、仕事はもっと面白い

顧客と対話し、その課題を解決していけるような仕事がしたい。石川がそう考えるようになったのは、家電量販店内でのインターネットプロバイダの販売を行うアルバイトがきっかけだった。相手の悩みを聞き、商品知識を活かした提案をする。それが販売につながる。その流れに面白みを感じたのだという。

「最初は営業職を中心に就職活動していました。ですが、あらかじめ用意された商品やサービスを提案するだけでは物足りない気がしたんです。お客様との対話から、ゼロからモノづくりをする。そして、抱えている課題を解決する。ITの世界なら、それをもっと面白く、やりがいのある仕事としてできるのではと考えました」

コンサルティング・提案といった上流工程からシステム開発まで、幅広い仕事ができるかどうか。こだわったのは、その1点だった。そして、最終的な決断においては直感を何よりも大切にしたのだという。

「選考時にお会いした方々の雰囲気がとてもよかったこと。そして、そこで見た景色が決め手になりました。広々としていてきれいなオフィスから、レインボーブリッジが一望できる。面接の緊張がほぐされて、自然と『私はここで仕事をするんだ』という気持ちになれました」

新たな技術への挑戦が、明日の可能性になる

石川が所属するのは、クラウドサービスを活用したシステム開発を担うチームだ。基幹系・業務系のシステムの開発はもちろん、データ分析のコンサルティングや最先端のテクノロジーを活用したプロジェクトを担うことも多い。彼女がとくに印象深いと話すのが、とあるインテリア施工会社から寄せられたプロジェクトだ。

「お客様からいただいたのは、『AIを使って何かできないか』という曖昧なオーダーでした。AIに何ができるのか。お客様がどのような課題を抱えているのか。対話を重ねていく中で、その技術がどういうものかを理解していただき、業務課題解決に向けた施策を模索していきました。JMASではこうしたコンサルティング的なプロジェクトも珍しくありません」

プロジェクト期間はわずか1か月。それでも、彼女らはひとつの答えを導き出した。人のカンや経験に依存していた施工の発注管理を自動で行えるツールを開発したのだ。

「お客様に満足いただけたことはもちろん、私たち自身も、AIに関する知見を深めることができました。プロジェクトを通じて得られた知見や技術を、今後のプロジェクトや提案に活かしていく。JMASが誇るテクノロジーの強みや、事業ラインアップはそうして拡大・発展を遂げてきたものです。一人ひとりのチャレンジが、会社の可能性に直結するのですから、やりがいも大きいですよね」

 

この風景を次の世代に

顧客と向き合い、その課題を解決する。最先端のテクノロジーに触れ、自らの知見を深めていく。石川は自らのキャリアを背伸びの連続であったと振り返る。

「どんなに若手であろうと、大きな仕事を任せてくれる。でも、決して丸投げすることはなく、陰からそっと見守ってくれる。今の私があるのは、人の成長を何よりも大切にするJMASの風土のおかげです。背伸びし続けた結果、見える景色がこれまでとはまったく違うものになっていると感じています」

石川は、若手時代に初めてリーダーを任されたことを今も鮮明に覚えているそうだ。既存システムを改修する小さな案件ではあったが、必要以上にプレッシャーを感じ、少しのミスでも慌ててしまっていたのだという。

「今思うと、どうしてあの程度のことで焦っていたのかなって(笑)。ただ、そう思えることが、成長の証なのかもしれません。今後の目標は、マネージャーとして、後輩たちに成長機会を用意してあげること。私の上司や先輩方がしてくれたように、同じ風景を見せてあげたい。それが、JMASのDNAを受け継いでいくことだと思っています。そのためには、私自身がもっと成長し続けないといけませんね」

PROFILE

法学部政治学科卒。「対話を通じて、課題を解決する仕事がしたい」と営業職を中心に就職活動を行っていたが、自らの手でモノづくりをし、課題を解決するITの世界に惹かれて、JMASへ。さまざまな業種のアプリケーション開発を担当し、プロジェクトリーダー、マネージャーを任されるまでに成長した。「身の丈を越えるチャレンジ機会」と「人を見守ってくれる風土」がJMASの魅力だと話す。