INTERVIEW
SYSTEM ENGINEER

前島 豪仁

Takehito Maeshima

モバイルソリューション部
2020年新卒入社

若手だから?
遠慮することに
意味などない

自らの成長を誰かのプラスに換える

世界的なスポーツイベントから、エンターテインメント、学会に至るまで、さまざまなイベントを裏方として支える。前島の将来を大きく左右したのは、学生時代に経験したイベント会社のアルバイトだった。

「課題を見出し、自らのアイデアと行動で改善すれば、周囲の仲間やイベントの来場者が楽しい気持ちになれる。そんな経験から『誰かをよりプラスにするような仕事に就きたい』と考えるようになりました。就職活動でこだわったのは、成長できる環境がどうか。自分にできることが増えれば、それだけ周囲に届けられる価値も大きくなるはずですから」

IT、コンサルティング、エンターテインメント。前島はさまざまな業種の企業を見て回った。JMASを選んだのは、もっとも求める条件を満たし、自らの感覚にフィットしていたからだという。

「国内でもトップクラスのモバイルアプリ開発実績を持ち、技術力に長けている。ここならば、力をつけられると確信できました。そして、最大の決め手は、職場の環境が自分に合っていたことです。1を言えば10伝わる。分かり合える。簡単に言えば、そんな感じですね。私自身、人を原動力にするタイプなので、誰と働くかを大切にしたポイントでした」

任される。成長速度は想像以上だった

入社後の率直な感想は「驚き」だった。JMASには、年次や役職に関わらず「さん」づけで互いを呼び、エンジニアとして対等に、リスペクトを込めて接する文化がある。だからこそ、若手が担う責任範囲も、任される仕事も想像以上に重いのだという。

「研修を終えて間もない段階から、バグ修正やテストを任されました。『自分でできそうなら、ぜんぶやっちゃって!』と言われたときは、正直、驚きましたね(笑)。けれど、決して面倒見が悪いわけではありません。困ったときには、しっかりと話を聞き、丁寧にサポートしてくれる。だから、成長速度も想像以上だったと実感しています」

現在、前島は人材系サービス企業の新規サービスアプリ開発に携わっている。1年目にも関わらず、要件定義のフェーズからプロジェクトに参画し、資料作成や、資料のレビューを任されているというから驚きだ。

「その技術などの仕組み・利点・類似技術との差異などを理解していないと、チームの会話に混ざることすらできない。毎日が勉強と発見の連続ですね。私がいい加減な仕事をしてしまえば、後の開発工程で疑問や認識の不一致を起こしてしまいかねない。常に開発をイメージして仕事を行うよう心がけています。まだまだ背伸びしてばかりの日々ですが、常に最新のトレンドの情報を意識し、積極的に意見を発信できるようになれば、仕事が一段と面白くなるのだろうと感じています」

 

遠慮するな。発信してこい

2020年の新卒社員は、コロナ禍によるきわめてイレギュラーなスタートを強いられた。にも関わらず、彼らは変化に柔軟に対応し、いち早く戦力となり、飛躍的な成長を遂げている。その活躍は頼もしいばかりだ。

「これまでを知らない私たちにとっては、この状況が当たり前ですからね。ただ、そう思えるのは、長期間にわたる手厚い研修体制を整えてくれた人事の方や、少しでも職場に馴染めるようにとオンライン上での懇親の場を設けてくださった事業部の方のおかげ。教育をしっかりしよう、人を育てようという強い想いを感じています」

周囲の想いに応えるように、前島は自己研鑽に余念がない。多忙な業務の合間を縫って、iOSアプリ開発における新たなUIフレームワーク「Swift UI」の学習・検討に熱を入れているのだという。

「上司との面談で『職場や業務の改善に活かせる技術やアイデアがあれば、積極的に発信してきてくれ。遠慮はするな』と言われました。そうした人がいてくれるからこそ、こちらもより主体的に行動を起こしていけるんです。まずは技術力の向上に励み、誰からも頼られる人財になること。いつかは、先輩たちのように、人を育んでいけるリーダーになりたいと思っています」

PROFILE

数理科学専攻。イベント会社でのアルバイト経験から、「自らの力で、誰かをプラスにする仕事がしたい」と考え、JMASに入社した。コロナ禍によるイレギュラーなスタートにも拘わらず、順調に成長を遂げている若手のホープ。責任ある仕事を任されながらも、iOSアプリ開発における新たなUIフレームワーク「Swift UI」の勉強に勤しむなど、意欲的な日々を過ごしている。