採用について

経験と知識を、貢献に変えていく。 小林 茜(ビジネスソリューション部インテグレーショングループ) 経験と知識を、貢献に変えていく。 小林 茜(ビジネスソリューション部インテグレーショングループ)

PROFILE

2015年入社。学生時代は、文化構想学部にてユーラシア文化論を専攻していた。就職活動の当初は、市役所や省庁で公務員として働くことをイメージしていたが、次第に「より幅広く検討をしよう」と考えが変化。その中でIT企業の存在を意識し始め、働きやすさや縁を感じたJMASに入社を決めた。

大学の企業説明会で知った、
JMASとの“縁”。

学生時代は、文化構想学を専攻していました。文学部が伝統的な学問体系を洗練させて未来へ継承していく役割を持つのに対し、文化構想学部はそれら過去に培われたものを読み取って、これから先へ活用していく役割を持っています。文化人類学やジェンダー論など、比較的新しい研究分野も含め、学問領域にとらわれることなく興味があることを学ぶことができたと思います。
就職活動の当初は、安定性と貢献性から公務員を志望していましたが、次第にさまざまな企業や働き方を知る中で、「より広い視点で仕事を選んでも良いのではないか」と感じるようになりました。そんな中で出会ったのが、JMASです。大学のキャリアセンター内で開かれていた企業説明会で初めてその名前を知ったのですが、当時の社長(現会長)が自分と同じ大学出身であることや、文系卒の先輩社員も多いことなどを知り、少しずつ興味を抱き、入社へと至りました。

“当たり前のこと”を大切にすることで、
経験不足をカバーする。

現在は、ビジネスソリューション部で、要件定義や設計、製造、各種テスト、リリースといった一連の流れに関わり、少しずつ業務知識を身に付けています。まだ配属されてあまり時間が経っていないので、周囲は先輩ばかり。迷惑を掛けることがないよう、事前の準備は怠らないようにしています。例えば、出社前に頭の中でおこなうタスクの整理や、出社後におこなう作業依頼の確認も、その一つです。
また、数ヵ月前から少しずつ、お客様とお会いする機会も増えてきました。お客様先にご訪問させていただく際には、資料の用意や事業の把握などもおこないます。未熟ではありますが、自分がつくったもので「便利になったよ」と喜んでいただけると、素直に嬉しいです。

初めて管理した
プロジェクトで知ったのは、
“慎重であること”の重要性。

以前、とある案件において思わぬミスを発生させてしまったことがありました。上司のサポートを受けながらではありましたが、その案件は初めて管理を任されたプロジェクトでした。責任や気合いに満ちあふれていたのですが、誤ってテスト用のアプリをリリースしてしまい、お客様にご迷惑をお掛けしてしまったのです。お客様からトラブル報告を受けたときの“ぞっとした感覚”は、いまでも忘れられません。初めてのプロジェクト管理ということもあり、余裕もなかったのだと思います。それ以来、常に慎重に作業をおこなうよう心掛けています。
まだ失敗はありますが、それでも頑張ることができる理由は、それを乗り越えた際に大きなやりがいや達成感を覚えるからです。JMASならではの温かいサポートを受けながら、求められる成果に対して最大限に応えられた際には、心から「この仕事をして良かった」と思えます。
これからも、失敗や成功といった経験からはもちろん、本やニュース、知識のある方々との交流を通じて、自分を高めていきたいと思います。

SCHEDULE

スケジュール


TOP