採用について

責任の先に、
大勢の笑顔がある。 蛭川 誠介(金融ソリューション第2部第1グループ) 責任の先に、
大勢の笑顔がある。 蛭川 誠介(金融ソリューション第2部第1グループ)

PROFILE

1999年入社。周囲はまだ「ITって?」という時代だったが、自身はコンピュータやプログラミングへの興味を抱いていた。また、学生時代のゼミではゲーム理論を学び、その過程で電子メールなどに触れた点も大きかったという。現在は、新卒採用の現場などにも携わる。当時から変わらない想いは、“自分がつくったものが動く喜び”だという。

就職活動を通じて感じた、
IT業界に眠る豊かな可能性。

私が入社した1999年は、まだいまほど「コンピュータが当たり前」という時代ではありませんでした。強いて言えば、当時で言う“電子メール”などが、ちらほらあった程度です。それでも、「コンピュータを使った仕事に就きたい」という漠然とした想いがあり、IT業界を志望しました。また、当時は銀行破綻や証券会社の倒産といった出来事が続いており、「これからは手に職を付けなければいけない」という思いがあったことも理由の一つです。
その後、就職活動を通じてシステムエンジニアという職種を知り、本格的に仕事のイメージを抱きました。JMASへ入社した理由は、まずは“独立系である”という点です。せっかく働くなら、業界や技術を問わずさまざまなことにチャレンジしたい。その点で、独立系であるJMASのフィールドは広く感じました。また、そのような自由さがありながら、日本能率協会グループというしっかりとした土台を持っている点にも好感を持ちました。

プロジェクトチームと社内外を繋ぎ、
安全な進行を管理する。

現在は、金融ソリューション第2部に所属しています。銀行で使われる二大システムである“勘定系”と“情報系”のうち、“情報系”のシステムを担当するのが、私たち第2部になります。
主に取引データに関連するシステムである“勘定系”に対して、“情報系”はそれらの分析・管理・加工などをおこなうものです。私は部内で複数の小規模プロジェクトを管理する立場で仕事をしているため、それらシステムの背景を理解した上で、業務が安全に進行するようマネジメントをおこなっています。また、お客様に対しておこなう週次・月次の作業状況報告も業務の一環です。その意味では、社内外とプロジェクトを繋ぎ、システムを改善に導いて行くことが、与えられた使命と言えるかもしれませんね。

自分の立場の、重さを知る。
そこから、責任ある仕事が生まれる。

複数のプロジェクトを管理しているため、多くのメンバーやお客様と接する機会があります。その一人ひとりに個性があり、それを把握しながらプロジェクトを円滑に推進していくところにやりがいを感じます。 また、プロジェクトの目標を達成するには、チームワークが大切です。それぞれ役割を持ったメンバー全員をいかにして一つにまとめていくかは、常に意識しています。そのためには、与えられた役割をこなしてもらうことと同時に、コミュニケーションを図りながら信頼関係を築いていくことが重要だと考えています。そのような取り組みを通してお互いの考え方を理解しあい、目標を達成できたときはとてもうれしい瞬間でもあります。
これからの目標は、FinTechやAIに代表されるような、社会全体の仕組みを変える可能性のあるプロジェクトに携わることです。そのような案件に、責任ある立場で関わることができるのなら、とても幸せだと思います。

SCHEDULE

スケジュール


TOP