採用について

信頼されることから、始まる仕事。 青木 良平(営業2部営業第2グループ) 信頼されることから、始まる仕事。 青木 良平(営業2部営業第2グループ)

PROFILE

2015年入社。学生時代は“根っからの文系”だったが、ITに可能性を感じJMASへ入社。知識の面で不安はあったものの、入社後3ヵ月の研修プログラムや、質問のしやすい環境を通じ、解消された。現在の目標は、“まずはお客様の言っていることをしっかりと聴く力を身に付けること”。専門用語などが飛び交う場でもブレない知識や経験の習得を目指している。

根っからの文系学生が感じた、
ITの可能性。

正直、入社前は不安でしたね。学生時代の専攻は商学部、部活も野球部と、“根っからの文系”だったんです。もちろんプログラミングの知識もありませんでした。ですが、私が入社した当時は人工知能やプロジェクションマッピングに注目が集まるなど、多岐にわたってIT技術が進出してきた時期でもありました。また、国内を振り返ってみると、ほとんどの企業がITを活用したソリューションを導入し始めており、需要があるのは明らかでした。そのため、イチから学ぶ覚悟でIT業界を志望するに至りました。
JMASに入社を決めた理由は、社員同士の繋がりの強さを感じたからです。元々、野球部だったこともありチームプレーが得意でした。そのため、年次や役職に関係なくおおらかにコミュニケーションをとりつつ、チームワークで仕事をしているJMASに共感したのです。実際、若手の自分たちが社長と話す機会も多くあります。

“メイド・イン・JMAS”の、
自社製品を届ける。

JMASには、二つの営業組織があります。一つは、お客様から業務委託を受け技術を提供する、いわゆる“SI案件”に特化した部署。もう一つは、自社で開発したソリューションサービスやアプリを提案する部署です。
私がいる営業2部は後者にあたり、自社製品をお客様へご提案することが仕事になります。SI案件は、比較的大きな規模の仕事が多いため、お客様の母数は少なくなる傾向にありますが、私たちが扱う自社製品は拡販がポイント。そのため、業種も業態もさまざまなお客様とお会いすることになります。お客様の業務に対する知識が不足していると、打ち合わせの場ですぐに見抜かれてしまうので、常に勉強を欠かさず、できる限りの事前知識は入れておくように心掛けています。また、個人的に気を付けているのは“言葉遣い”。メール一つでも、些細な言い回しで印象は大きく変わります。営業として信頼される人間になるためには、細かい気配りが大切だと考えています。

お客様だけじゃない。
信頼は、社内の人間関係から始まる。

仕事をする中で、「JMASで良かった」と思うことは多々あります。苦しいとき、困ったときに自分の部署や他部署の上司や先輩からサポートをいただけたり、分からないことがあればすぐ質問できる環境があることが、その理由の一つです。
どれだけ勉強をしても、自分の経験や知識には限界があります。そんなとき、社内にいる先輩社員やシステムエンジニアの人たちに気軽に質問ができることで、提案をスムーズに運ぶことができます。加えて、アプリケーションやミドルウエア、インフラやネットワーク、クラウドなど、社内に多くの技術領域に関する専門家がいるので、お客様から不意に頂いたご質問にも、短期間で対応することができます。
その意味で、より良い仕事のためには、お客様はもちろん社内の人たちからの信頼も重要だと言えます。社内の会議であってもしっかりと時間を守り、どんな打ち合わせにも事前資料の準備を徹底することで、社内からの信頼を損なわない人物でありたいと考えています。これからも人との繋がりを大切に、一歩ずつ成長していきたいと思います。

SCHEDULE

スケジュール


TOP