PROJECT

ITを駆使して企業の課題を解決し、経営や革新を支援する
JMASの製品・サービス、事例を紹介します

Caseをクリック!
Case1

モバイルセキュリティ製品 「KAITOシリーズ」

JMASの「KAITOシリーズ」は、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスを簡単・便利・安全に利用するためのビジネス向けセキュリティ製品群です。「KAITOセキュアブラウザ」は、端末内にデータを残さない高度なセキュリティを誇り、安心して会社の業務システム、クラウドサービスへアクセスすることを可能にします。ニューノーマル時代のテレワークに必要不可欠なツールだと言えるでしょう。また、「KAITOセキュアカメラ」「KAITOセキュアレコーダ」によって、画像や音声の転送・やりとりも高速かつ確実に。モバイルを駆使したビジネス環境をセキュアに、強固にサポートしています。

Case2

スマートフォン向け営業支援アプリ「レコリン」の開発

ビジネスにおいて、情報は欠かせないファクターです。営業が得た情報を迅速に共有し、活用することで成果は飛躍的に向上します。JMASがディップ株式会社(ディップ)様向けに開発した、スマートフォン向け営業支援アプリ「レコリン」は、各法人営業人員がExcelやメモ帳、頭の中などで個別に管理してきた情報を迅速に社内共有できるソリューションです。このシステムによって、営業担当者は外訪先から営業に必要な情報を閲覧、登録するだけでなく、上司への報告を行うことが可能になりました。マネージャー層も、部下の営業活動を把握し、各営業人員へ適切な指示を出せるようになったため、顧客対応漏れや商談機会のロスを生むリスクが解消されました。このシステム開発を契機に、ディップ様の情報活用基盤は整備され、さらなるデータ活用への展望も広がっています。

Case3

AWSを活用した「おくすりPASS FAST」の開発

アイセイ薬局様の「おくすりPASS FAST」は、スマートフォンでおくすり予約が簡単にできる新たなサービスです。医療機関から受取った処方せんを、お手元のスマートフォンで撮影し・送信するだけの簡単ステップで、薬局の待ち時間を大幅に減らすことができました。この新規サービス発足にあたって、JMASが提案したのが、AWS(アマゾンウェブサービス)の活用でした。初期投資をできるだけ抑えたい。運用負荷を低減したい。会員数増加の予測がつかないため、システムに余裕を持たせたい。アイセイ薬局様からの要望をすべて満たす提案となりました。薬局を利用される方の待ち時間をなくし、二次感染の防止にもつながるメリットにあふれたサービスを根底から支えています。