MESSAGE

限界を決めるな。
若者には、
無限の可能性がある

代表取締役社長 坂倉 猛

卓越したテクノロジーは、
柔軟な文化・風土から生まれる

ジェーエムエーシステムズ(JMAS)の創業は1971年。日本能率協会グループのテクノロジーを司る企業として、日本企業の革新とIT業界の発展を黎明期から支え続けてきました。

歴史ある会社ということで、堅いイメージを持たれることが多い私たちですが、実際の姿はその先入観とはまったく異なるものです。コンサルティングファームを母体に持つこともあって、その風土は柔軟かつフラット。役職や年次に関わらず、すべての社員が「さん」づけで呼び合い、プロフェッショナルとして認め合う文化が醸成されています。

私たちの最大の強みである卓越したテクノロジーは、こうした文化・風土のもとで生まれ、磨かれてきたものです。システム開発を起点に、クラウドを活用したネットワーク構築、スマートデバイスアプリケーションの開発とその事業領域を拡大し続けてきました。現在も、大学の研究機関やベンチャー企業との連携が活発に行われ、IoTやロボティクス、AIといったテクノロジーを駆使したチャレンジが進められ、次々と新たな事業やソリューションが実現しています。どれほど時代が変化しても、テクノロジーが劇的に進化しても、私たちの挑戦の姿勢は決して変わることのないものなのです。

「個性的な強み」で
競争の時代を勝ち抜く

企業のビジネスを発展させ、山積する社会課題を解決に導く。デジタルトランスフォーメーション(DX)への取り組みが喫緊の課題となっている昨今、IT企業の重要性がより高まっていることは言うまでもありません。ただ、その事実は、私たちの未来が安泰であることとイコールではないと考えています。

JMASには、これまでの実績で培ったお客様との信頼関係があります。グループが誇るコンサルティングやマーケティングノウハウも活用できます。ですが、それはあくまで昨日までのこと。今日の競争を勝ち抜き、未来を切り開くためには、さらなるテクノロジーの進化に挑み、社会から選ばれるための「個性」を確立しなければならないのです。

その源泉となるのは、やはり一人ひとりの人財です。これまでに私たちが築き上げてきたテクノロジーの強みも、M&Aや有識者の招へいで得られたものではなく、個々のチャレンジによって確立したものでした。JMASでは、新たなテクノロジーや事業創造へのチャレンジに若手社員も積極的に参画します。なぜなら、目まぐるしく進化するITの世界では、若手の方がそのテクノロジーをいち早く理解し、習熟できるケースもあるからです。常識の枠に閉じこもることなく、新たなデバイスやテクノロジーを駆使して、かつてない価値をお客様に提供する。意欲にあふれた若い人財が、思う存分、活躍できる。飛躍的に成長できる。そうしたチャンスが、JMASには確かに存在しているのです。

遠慮なんていらない。
チャレンジと飛躍を
サポートする

自分だけの強みを磨き、さまざまな知見を持った仲間を巻き込み、顧客と社会の課題を解決するイノベーションを成し遂げる。今後、SEに求められる力や仕事ぶりは大きく進化していくことでしょう。そこで求められるのは、技術だけではありません。だからこそ、私は文理やバックボーンを問わず、多様な人財にJMASの門を叩いてほしいと思っています。

「社会に貢献したい」「課題を解決したい」「技術を究めたい」「チームでモノづくりがしたい」。抱く想いはさまざまで構いません。私が求めるのはただひとつ。仕事を与えられるものではなく、自分事として捉えられるオーナーシップを持っていることです。強い責任感を持ち、環境や人のせいにすることなく、同志を巻き込み、場合によっては外部の力を活用し、目的を達成する。そこで得られる喜びや達成感は、皆さんがこれまでに感じたことがないほど大きなものとなるはずです。

私は、若い人たちの可能性を信じています。だからこそ、皆さんには自分の限界を決めつけることなく、未来に希望を持ってほしいのです。JMASには1年生だろうと、2年生だろうと、特定の分野でNo.1を目指せる環境があります。遠慮する必要なんてありません。私たちは、皆さんのチャレンジと飛躍を最大限にサポートしていくことを約束します。